医者

更年期障害の治療で心身ともに元気に変わろう|はつらつエブリデイ

閉経期の女性のつらい症状

悩んでいる女性

ホルモン補充療法が一般的

女性の更年期は、個人差もありますがおおむね45歳くらいから55歳くらいまでの間といわれています。それは、この間に多くの女性が閉経を迎えるためです。閉経に伴い女性ホルモンの量が大きく減少すると、自律神経のバランスに乱れが生じます。その結果いろいろな症状が現れるのが更年期障害です。更年期障害の治療として代表的なものは、女性ホルモンを補うホルモン補充療法です。精神的な症状が重い場合には、向精神薬などの投与も検討されます。ホルモン補充療法は、乳がんの発症リスクを増加させるとして一時期問題になったことがありました。しかし、調査の方法に適切でない部分があったことが判明してリスクがあるとの見方が撤回されたため、今後とも更年期障害の有効な治療法として一般に広く用いられていくと考えられます。

落ち込みや頭痛も改善

更年期障害の症状の中でも、ほてりやのぼせについてはよく知られるようになってきています。気分的にイライラするというのも、更年期でなくても生理のときにもよくみられるものです。しかし深刻なほどの落ち込みやひどい頭痛については、更年期障害が原因だと気づかずに、適切な治療を受けないままになっている女性も依然として多いとされています。女性が更年期を迎える50歳前後は、子どもが中高生くらいの難しい時期であったり、あるいは受験や就職を控えていたりするものです。また親が高齢になって介護などの心配も出てくる年頃です。このために、気分の落ち込みがあってもストレスのせいだと片づけてしまうことが多いのです。しかし更年期障害だとわかってホルモン補充療法による治療を受けると、精神的な症状も改善するケースがほとんどです。このような心当たりのある場合は、一度婦人科を受診してみるとよいでしょう。

食事改善で克服

女性

40代を迎えたあたりから、ホルモンバランスが悪くなってしまいます。これらの影響によって更年期障害が起こってしまうことがあります。食習慣を見直すといった対策を行うことで症状の克服を進めていくことが出来ます。

読んでみよう

受診してみる事が大切

女性

更年期障害は閉経して卵巣の機能の低下で女性ホルモンの著しい低下で起こります。女性ならだれでも起こる可能性があります。症状が気になるのであれば、迷う事なく一度受診してみる事をおすすめします。病院ではいろいろな治療法を用いて治療してくれます。

読んでみよう

痛みを和らげる対策

困る

脊柱管狭窄症は専門の医院に通っておくことで治療を進められます。また、痛みが辛いという場合は神経ブロック治療という方法を用いて痛みを和らげるようになります。継続的な治療で症状の改善も望めます。

読んでみよう

イチオシリンク集

  • 更年期障害が治療できるクリニックガイド

    更年期障害を治療したいならサイトをご覧ください!オススメのクリニックを厳選しているので多くの人々が活用しています。