医者

更年期障害の治療で心身ともに元気に変わろう|はつらつエブリデイ

痛みを和らげる対策

困る

脊柱管狭窄症の痛みに悩まされているという状況であれば、専門の医院で治療を受けておくことが必要になります。脊柱管狭窄症の効果的な治療方法も沢山あり、薬物療法や理学療法、手術など様々です。症状によっても適切な治療が変わってくるので、専門の医院をしっかり相談を行っていくことが肝心と言えるでしょう。なお、痛みが辛いという場合は鎮痛剤や神経ブロック治療という方法が適しています。そのことによって、脊柱管狭窄症の辛さを緩和していくことが出来るようになります。他にも温熱療法という物もあり、患部を温めていくことによって血行を良くし、筋肉の緊張を和らげていくことが出来ます。続けていくことによって痛みを和らげ、症状の克服に繋げていくことが出来るのです。すぐに冷やしてしまうと逆に症状の悪化を招いてしまうことがあるので、医師とよく相談を行いながら取り入れておくことが必要になります。

脊柱管狭窄症は超音波治療を行っておくことによって症状の克服を進めていくことが出来ます。メスを使わない治療方法となっているので、身体にもあまり負担が掛かることがありません。そのため、多くの医院で取り入れられている療法になっています。このように、脊柱管狭窄症の治療には様々な種類があります。治癒されるまでの仕組みも異なっているので、脊柱管狭窄症の状況に合わせて適切な治療方法を見つけていくことが必要になります。また、手術を行わなくてもストレッチを行っておくことによって緩和を進めていくことも出来るため、軽い症状である場合に取り入れてみるのも良いと言えます。