医者

更年期障害の治療で心身ともに元気に変わろう|はつらつエブリデイ

受診してみる事が大切

女性

どうしてなるのか

年齢を重ね、40代後半から50代前半になると女性は閉経を迎え卵巣の機能は低下していきます。閉経を迎えると女性の体は変化をしていきます。体として次の事を考えさせられる大きな節目となります。その頃にならとホルモンバランスを崩し更年期障害になってしまう女性も多くいます。卵巣の機能の低下とともに、女性ホルモンの分泌は低下してきます。この影響が自律神経中枢にもたらし、自律神経失調症となり、また家庭や社会の影響で精神的に憂うつとや情緒不安定といった精神症状となります。このような事が更年期障害を複雑にし、そして体にはほてりや冷や汗、動悸などといった症状をあらわします。女性ホルモンの著しい低下で起こるので、次第に良くなりますが、症状がある場合は病院を受診する事をおすすめします。

治療方法

更年期障害と診断された場合は、薬による治療とホルモンを注入して治療する方法があります。薬で自律神経失調症の症状を抑え、不足しているホルモンを注入していきます。ホルモンの注入で乳がんなどになりやすくなるようですが、検診などを頻繁に行い予防をしていきます。このようにして症状の様子を見て、体のバランスをとっていきます。体がホルモンの著しい低下の影響を受けなくなったら、症状はなくなりますので徐々に良くなっていきます。更年期障害のための市販の薬などが多く販売されていますが、すぐに市販の薬の服用するのではなく一度病院を受診する事をおすすめします。更年期障害では様々な症状が出るので、いろいろな所を受診する事になる可能性もあるので注意が必要です。